2010年頃、急激に流行りました。ここでは布を使って作ります。

生地は出来るだけ硬い接着芯を使い、バリッとさせます。

カンカン帽サイドを生地の裏に トレースします。 トップクラウンは、トップクラウン半径の長さの円を、作ります。 このパターンのサイズ元は、他の帽子と違い、接着芯の厚みがあるので、 サイズより2センチ大きく作ってあります。 なので、ブリムは(サイズ+2)÷2πで内側の半径を割り出し、外側はサイズ元から お好みで3〜5センチの同心円、これを2枚作ります。 それぞれ1センチの縫い代を取って裁断します。 裏地は、サイドクラウンとトップクラウンの分を用意し、ブリムは不要です。

2枚はぎを参照して、クラウンを作ります。 接着芯の厚みの分、トップクラウンは1ミリ程度内側を縫うようにすると良いでしょう。 接着芯が硬くミシンは難しい部分が多いので、縫い合わせもステッチも 手縫いがメインになります。

全体に付くブリムを参照してブリムを作り、 縫い合わせて完成です。 ブリムの外側の縫い合わせ部分は、膨らもうという力が強く、ステッチを 二重にするなどの工夫が必要な場合も出てきます。

クラウンと合わせる時は、接着芯が硬いので、ずれないようにしっかりとしつけをし、 ブリムの内側に、3センチ程度ごとに切れ目を入れると良いでしょう。

Copyright (c) 2013-2017 All Rights Reserved by Hiroshi Kobayashi.
ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
→小林ひろしホームページトップへ戻る