緊急用マスクです。
医療製品としての信頼性は保証できませんが、不足している実情を受け、
急遽作ってみました。急いで作ったので、図は手描きですが、ご容赦ください。

下図のように生地を切ります。縫い代を含んであります。 生地は、重ね合わせたガーゼや綿などが良いでしょうが、薄い綿の時は、不織布の接着芯を 貼ると良いかもしれません。 銀イオン含有の抗菌生地が手に入れば良いそうですが、除菌抗菌スプレーなどもあるようです。

この生地の他に、耳掛け用の紐があると良いでしょう。約60センチを2本用意します。 上の写真では、60×3センチの生地を、紐状に縫い合わせてます。
他には、針金など10センチほどのワイヤーを、鼻の形に折る所に使います。

裁断した生地を、左図のように畳み、アイロンで折ります。さらに、両サイドを 中図のように織り込み、アイロンで折ります。待ち針で適当に止め、右図のように 上を開けてコの字型に縫い合わせます。難しいときは、しつけをしましょう。

ワイヤーを鼻の部分のセンターに挟み込み、ズレないように、周りを縫い合わせます。 その後で、先ほどのコの字の空いた上部を縫い合わせます。

耳掛け用の紐を上部に縫い付けます。下部には紐を通るような穴をあけておきます。 穴の処理はサファリハットのページにありますので、参照してみてください。


帽子ではないですが、感染拡大ボウシってコトで(^^;)。

Copyright (c) 2013-2020 All Rights Reserved by Hiroshi Kobayashi.
ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
→小林ひろしホームページトップへ戻る