ハンチング2と書かれたパターンは、小中大とありますが、
作り方は皆同じです。小はハンチングと言えますが、中と大は
ハンチングとキャスケットを足して2で割ったようなデザインです。

お好みに応じて、以下をダウンロードし、生地の裏にトレースして 1センチの縫い代を取って裁断します。
 ・ハンチング2小
 ・ハンチング2中
 ・ハンチング2大
ブリムは、裏表で2枚分必要になります。裏地はクラウンのみ用意し、ブリムは要りません。

まず、フロントクラウンとトップクラウンを中表に縫い合わせ、縫い代に切込みを入れます。 裏地には切込みは要りません。
※注意!
縫い始めや縫い終わりが、トップクラウンの縫い代より内側に入らないように気を 付けてください。

アイロンでフロントクラウン側に倒し、フロントクラウン側にステッチを入れます。 裏地にはステッチは要りません。

フロントクラウンの両サイドとトップクラウンの切込みを中表に縫い合わせます。 アイロンでフロントクラウン側に倒し、フロントクラウン部分にステッチを入れます。 裏地にはステッチは要りません。
※注意!
フロントクラウンの縫い代が、トップクラウンの縫い代より内側に入ってしまう場合は、 縫い代内に収まるように、切ってしまいます。表に縫い代が見えるのを防ぐためです。

トップクラウンの切込みは、残り3ヶ所ありますが、全て同じ手順です。 それぞれ中表に縫い合わせ、中や大などは、必要に応じて縫い代に切込みを入れます。 裏地には切込みは要りません。 アイロンで割り、ステッチを入れます。パターンの谷型になった部分は、縫い代に小さな 袋状の部分が出来ますので、アイロンで潰してステッチで抑えます。 裏地は片側に倒し、ステッチは要りません。

表地と裏地を外表に合わせ、端から5ミリほどの所をぐるっと一周縫い合わせます。

前に付くブリムを参照し、ブリムを作り、 クラウンに付けます。

最後に、ブリムの部分を裏返しにし、裏地の上から、ブリムとクラウンを縫い合わせます。 端から1センチ程度の所に、長さ7〜8センチ程度、半返し縫いなどで ブリムの上の生地を縫いつけるようにします。二本取りが良いでしょう。

Copyright (c) 2013-2017 All Rights Reserved by Hiroshi Kobayashi.
ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
→小林ひろしホームページトップへ戻る