イギリスで多く愛用されていた、狩猟用の帽子です。

ハンチング1を生地の裏にトレースし、 1センチの縫い代を取って裁断します。 サイドクラウンとブリムは、裏表で2枚分必要になります。

まず、トップクラウンの後の部分と、サイドクラウンの前の部分を中表に縫い合わせます。 トップクラウンは、ゆるやかな曲線なので、縫い代に2ヶ所ほど切込みを入れ、 それぞれアイロンで割ります。裏地は片割らずに、片側に倒しておきます。 縫い合わせ部分から5ミリほどの所に、ステッチを入れます。パターンの谷型に なった部分は、縫い代に小さな袋状の部分が出来ますので、アイロンで潰して ステッチで抑えます。裏地はステッチは要りません。

(1)サイドクラウンとトップクラウンを中表に合わせ、待ち針で留めていきます。 この時、違う形の曲線を合わせるため、外向きの曲線の側の縫い代が余ってしまう 錯覚を起こしてしまうので、気を付けてください。
詳しくはこちら。
(2)縫い合わせます。ミシンで難易度が高い時は、しつけをする事をお勧めします。
(3)縫い代に切込みを入れます。カーブがキツい所ほど、間隔を狭くします。 裏地は切込みは要りません。
(4)アイロンで割ります。裏地は片側に倒しておきます。
(5)縫目の両側にぐるっとステッチを入れます。裏地はステッチは要りません。

表地と裏地を外表に合わせ、端から5ミリほどの所をぐるっと一周縫い合わせます。

前に付くブリムを参照し、ブリムを作り、 クラウンに付けます。

最後に、ブリムの部分を裏返しにし、裏地の上から、ブリムとクラウンを縫い合わせます。 端から1センチ程度の所に、長さ7〜8センチ程度、半返し縫いなどで ブリムの上の生地を縫いつけるようにします。二本取りが良いでしょう。

Copyright (c) 2013-2017 All Rights Reserved by Hiroshi Kobayashi.
ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
→小林ひろしホームページトップへ戻る