生地、裏地とも、図のようにトレースし、1センチの縫い代を取って裁断します。 縫い合わせは、生地、裏地とも同じです。

中央の切り込みを中表に合わせ、縫い合わせます。この時、縫い代部分も含め、端から縫い合わせましょう。

縫い代に小さな袋状の部分が出来ますので、アイロンで潰して ステッチで抑えます。裏地はステッチは要りません。

上記の物2枚を中表に合わせ、片方の端を縫い合わせます。この時、縫い代部分も含め、端から縫い合わせましょう。
縫い合わせがカーブなので、シワにならない様、3〜4ヶ所に切り込みを入れます。裏地にはステッチを入れないため、切り込みは要りません。

縫い代部分をアイロンで割ります。アイロン台の縁を使うと容易に出来ます。裏地は割らずに、アイロンで片側に倒しておきます。

縫い合わせ部分から5ミリほどの所に、ステッチを入れます。裏地はステッチは入れません。
これを2組作ります。

対を一気に端から反対側の端まで縫い合わせ、同様に縫い代をアイロンで割り、ステッチを入れます。 裏地は、対称が崩れますが、アイロンでどちらかに倒しておきます。

生地と裏地を外表に合わせ、端から5ミリくらいの所をぐるっと一周縫い合せ、クラウン完成です。

Copyright (c) 2013-2017 All Rights Reserved by Hiroshi Kobayashi.
ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
→小林ひろしホームページトップへ戻る