お知らせ

手作り帽子教室、随時受付中です!

イトーヨーカドー綾瀬店・セブンカルチャーさん  次回=10月4日

生地・糸

綿、麻、絹など、様々な生地で作ることができます。 あまり薄くてペラペラな生地には、接着芯を貼ると良いでしょう。 敢えて接着芯を貼らずに柔らか味を出し、綿の厚めの裏地を使うという方法もあります。

糸は太めの30番を使います。 ミシンでも手縫いでも構いませんが、ミシンの場合は30番の糸が通りやすいよう、 14番くらいの太めの針が良いでしょう。 ミシンでは難易度が高いケースも出てきますが、その時は本文に記述します。

裁断

帽子は、曲線的なデザインが多いため、バイアスは気にしなくても良いでしょう。 チェックやドットなどの柄がある場合は、美しく仕上がる方向を優先します。 ただ、ベレーやキャスケットなど、柔らか味を出したい時などは、 バイアスに裁断した方が良いかもしれません。

ここに載せてあるパターンは、縫い代は含んでませんので、 チャコペンなどでトレースした後、1センチの縫い代を取ってでカットしてください。

パターンについて

帽子のパターンデータ

基本的なパターンをpdfにしてあります。 クラウンとブリムは、色々と組み合わせる事で、ぐっと幅が広がります。 また、生地の色や柄も含めると、可能性は無限大になります。

サイズについて

pdfファイルは、プリンタデバイスの仕様で、若干の大きさのズレが生じるようです。 そこで、サイズのラインをパターンのデータ中に埋め込む方法を採用しました。

データ内に、「S」や「S/2」という記号が書かれた線分が埋め込んであり、 Sはサイズそのまま、S/2はサイズ÷2の意味です。 S/2という線分が書かれたデータは、その線分が、ご自分のサイズの 1/2になるよう、拡大縮小コピーで調整してください。 拡大縮小率の式は、目的サイズ÷線分の長さ×100です。

    例:サイズが57cmで、線分(S/2)が20cmだった場合。
      拡大縮小率=((サイズ÷2)÷線分)×100
      =(57÷2)÷20×100=142.5
      四捨五入して、143%となります。

また、グログランリボンとサイズが、一致しないケースもあります。 これは、帽子の横の断面図のリボンの長さが、頭蓋骨の断面図の 該当する長さより少し大きくなる形のために起こるケースです。 グログランリボンの長さは、「R/2」などで表記しました。 サイズを計算する時は、上記計算式でOKですが、 仕上げ時のグログランリボンはRの値で計算してください。
※グログランリボンは「サイズリボン」や「サイズテープ」とも呼ばれます。

円錐展開図の公式

目的のブリムやクラウンのパターンを作るとき、スケッチから 展開図の寸法や角度などを求める必要が出てきます。 この公式は、立体の円錐から扇形の展開図の寸法や角度を求めるための 基本的な物です。オリジナルのパターンを作る時などに、ご利用ください。

著作権

このパターンの著作権は、帽子クリエイター:小林宏が所有します。 個人でご利用になる場合は問題ありませんが、転用、転載する場合は、 著作者小林宏充てに、ご一報ください。→ メールフォームはこちら
尚、ここのパターンを元にして制作した帽子を、展示会や即売会などに 出品する場合などは、問題ありません。

免責事項

サイズについては、多少の誤差が生じるケースが多いです。 パターンのサイズ元を、デバイダーなどで計り、微調整をするよう、お勧めします。 パターンのサイズ元は、生地などの厚みを考慮し、実際のサイズより1センチ程長くしてあります。

また、今後の研究によって、パターンの変更やバージョンアップ、 作り方マニュアルの充実も考えておりますので、ホームページを ご参照ください。→http://unam.hustle.ne.jp/unam/m_manual/

謝辞

2017年2月から、イトーヨーカドー綾瀬店内のセブンカルチャーさんで、 手作り帽子教室を催しております。これまでも、クリエイト意識の高い生徒さん達と接しているうち、 公開したら、もっと帽子作りの楽しさを広げられるのではないか、と感じたので、このページを作りました。 この場をお借りして、お礼申し上げます。

Copyright (c) 2013-2017 All Rights Reserved by Hiroshi Kobayashi.
ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
→小林ひろしホームページトップへ戻る