狭く下向きのブリムが特徴的で、
チューリップハットと呼ばれることもあります。

クロシェをダウンロードします。 この形は、外側はクラウンとブリムが繋がった形状ですが、内側はクラウン部と ブリム部に分かれます。また、クラウンとブリムの境目が外側に広がるため、 実際のサイズより大きめに作る必要があります。仕上げのグログランリボンは R/2と書かれた線分をサイズに置き換えて作ってください。

生地の裏側には、外側に使う6枚分とブリムの裏に使う下半分の6枚分を トレースします。裏地の裏側には、クラウンの分の6枚をトレースし、 それぞれ縫い代1センチを取って裁断します。

6枚&8枚はぎを参照して、 6枚はぎのクラウン(+ブリム)と裏地を作りますが、表地と裏地はまだ 縫い合わせません。ブリムの裏側は、特に順番はありませんが、それぞれ中表に 縫い合わせ、縫い代をアイロンで割って、縫い目から5ミリ程の所に ステッチを入れ、輪の状態にします。

クラウン(+ブリム)とブリムの裏側を、中表に縫い合わせ、アイロンで割ります。

外表に返し、さらにアイロンで整え、外側から5ミリ程度の所にステッチを入れます。

下の表地のブリムの内側と、裏地の端を外表に合わせ、端から5ミリ程を縫い合わせます。

仕上げのグログランリボンを クラウン周りに待ち針で留めます。リボンはサイズ元(縫い代から1センチ)の 位置に配置します。リボンの輪の縫い代部分は内側に、リボンの縫目が無い側を クラウン側に来るようにします。
リボンの端から1ミリ程度の所を、ぐるっと一周縫い合わせたら完成です。

Copyright (c) 2013-2017 All Rights Reserved by Hiroshi Kobayashi.
ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
→小林ひろしホームページトップへ戻る